両手を広げて

AC回復を目指し、自分らしさを取り戻していく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

種蒔き

セッションの日
昔の友人関係のトラブルを思いだしました

相手を加害者に仕立て
私は被害者になり
周りを味方を付けて
自分の盾を作っていました

友人の居場所まで奪いました
それでいて
かわいそうなのは私
と、周りに同情を買う様な
そぶりを演出していました


10代の頃から
私の癖は既に出来上がっていました
りんりんさんとのセッションで
その頃の事を鮮明に思い出しました

私は自分の手を汚さずに
相手をやっつける癖を持っています

元夫との間もそうでした
我慢するのは私
変な行動を起こすのは夫

無意識に、せっせせっせと
トラブルの種を蒔いていました
被害者意識から腹いせのように
ばらまいていたのだと思います

そして、種に惹きつけられて
行動を起こした夫を助けもせず
私は関係ない、と傍観する

私の手法でした

何十年も前から染み付いていた
私の癖
セッションがなければ
気づかないままでした


言葉に責任を持たず
その場しのぎで軽く話すこと

相手を見ていないから
後先を考えずに思いつくまま
言葉を発すること

こんなことをしていれば
いくらでも種はばら蒔けます


私はどの様にすればいいのか
今までは、そうすることしか出来なかった
過去は、それでいい
でも、今は自覚してしまった

自分の感情をつかみ
上辺だけではない、自分の気持ちを
言葉にだすこと

感情がよく分からない私には難しい
でも、私は自分を知りたい


自分のために

たくさん
あなここで経験をしていきます
たくさん
会話をし、人と触れ合っていきます



スポンサーサイト
[ 2013/07/28 02:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

孤高

私は、ひとりでいる事を好みます

それは、物理的なものではなく
私の頭の中だけの出来事です
周りに人がいても、頭の中で見えていない事にしていました


ひとりきりの疎外感がつらいのとは違う

ひとりでいる事がかっこいいと思い込み、自らひとりでいることを選んでいました


それは本心なのか


本当は人と関わりたい
一緒に楽しいときを過ごしたい
みんなの輪の中に入りたい


出来ませんでした

出来ない自分を認める事ができず


私は、あえて自分から周りと距離を置く事にしたんだ


そう言い聞かせて納得していました



孤高は
孤立を生み、孤独になります
孤独の恐怖から逃れるための私の手法です


ひとりきりでいる悲しさや
受け入れてもらえないさみしさを

感じたくない


感じないために

時には、孤高になったり
また真逆に、人に合わせて溶け込んだつもりになったりと
その場で臨機応変に、都合良い方を選んでいました


昨日のセッションで言われた

「孤高」


かなり、引っかかった言葉です

言われた時は、妙に納得して聴くけど
その後、かなりヘコみます

ヘコんだ後で自分の中に落とし込める時期がくるのですが、今の時点では、まだまだのようです


自分を知って、受け入れること

孤高であるがために、より受け入れにくさを感じ、抵抗しています

抵抗しているのなら
結局は回復したいと心から思っていないんじゃないのか

ここに辿り着き、またスタートに戻る
これを繰り返しています

繰り返し、やっていきます
やって、やって

もうやらなくていいや

そう思うまでやってみます
[ 2013/07/17 06:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

投影

セッションの中で出てきた「投影」という言葉で頭がいっぱいです

説明をしてもらったのに
あまり把握できず、インターネットで調べました


心理学のサイトで

投影の元となる人を許せばよくなる

と載っているのを見て
余計にこんがらがりました

お母さんを許せというの?
そもそも何を許してないのかも分かりません

眠れなくなりそうなので
ネットは閉じましたが


投影、投影、投影


言葉が頭からでていきません


私は母にしてもらいたかった事を、にゃんこに投影しています

過度にかわいがり、私に懐く事に満足しています

近所のペット達を必要以上にかわいがる自分の不可解な行動も、ここからきているのかもしれません

長女もにゃんこを異常なほどかわいがっています

これは私への愛情の投影なのかと、

この子がこんなに大きくなるまで放置していた自分の恐ろしさを知りました


セッションの中から生まれた

こうしていきたい
ああしていきたい

という思いをブログにしようと書き始めたのに、指が「投影」と打ち込んでいました

とらわれてしまっています

そういいつつ
明日の朝、目が覚めたら
その事はすっかり忘れている能力を持っています

だとしたら
今感じている自分への恐ろしさは
ニセモノかもしれません

本当に恐ろしさに困っていれば
困らない方向に私は向かいます

向かっていなければ

楽な方向に進もう


と、自力で行動したいです
[ 2013/07/06 03:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。