FC2ブログ

両手を広げて

AC回復を目指し、自分らしさを取り戻していく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

犬猫好きの謎

ワンコは私でした


かわいそう

にうつるワンコに
たっぷりと世話を焼く


散々やってきました


ほうっておけないのは
大の犬好きだからという
思い込みはくずれました



セレブの匂いがする室内犬は
かわいいと思わない
むしろ

チッ

って思う

世話を焼きたくなるのは

庶民的な犬種のワンコ
ブサイクなワンコ
庭の片隅で放置されてるワンコ
人間に怯えるワンコ


私がしてもらいたかったように
至れり尽くせりで
面倒をみる、気にかける

それで私は満たされる
そこにワンコや飼い主さんの
気持ちは関係ない

あるのは

振り向いて欲しかった私と
そこから
救い出してあげたい願望でした


ノラ猫が好きでした
でも伯母が飼っている猫は
かわいいと思えませんでした

猫にヤキモチでした




スポンサーサイト
[ 2013/09/26 01:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

先日のセッションから





という言葉を意識しています



軸ができていない
まだ、自分の軸がない


今までも、時折セッションでいわれては
いましたが


そうか~
私は、まだ軸がないんだ


止まりでした


セッションの中で
人によって対応が変わっている自分の話になりました


人によって対応を変えていることは
私の中で当たり前なことであって

むしろ、『相手に合わせている』
という都合のいい解釈をしていました


相手に合わせて
自分の意思が無い

なんとか、そこにたどり着き


それが『軸』がないことなんだろうかと
ぼんやりと入ってきました


ボイスでは、同期と話すときと
3~1期生のメンバーさんと話すときでは

私の話し方は違っています
声のトーンも違っています


昨日の振り返りでは

同期とだったら、絶対こんなうわずった
笑い方はしないだろうな、
と演じている自分に気づきました


これを今までの生活の中で、子ども達に対しても
ずっとやってきていたのだろうと思います


家の中と外で、別人のお母さん

それが普通の状態として過ごしてきました



いいことだと思い込んでたときは
ひとつの側面からしか見えていなかったから
それが、自分自身がなくなることに
つながっていませんでした



昔、元夫に

自分の思っていることを言え!

と、よくいわれたな~



彼に言われたことで
当時は納得いかなかったことが

そうだったのか…

と思えることが、今になってちらほら出てきました





[ 2013/09/24 09:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

音読から思い出した事

今日、歩いていこうの
朗読をしました

読んでいて
声がはずむ箇所がありました


第2章の終わりに、
マンション建設の地盤に
親子関係を重ねて比喩してある
ところです

不登校の事ではなく
懐かしい建築用語に反応していました


仕事が大嫌いでやめた気でいました
長女を妊娠して、ホッとした
そう思ってました

でも、声ははずんでいる


読んだ時から
たくさんの事が浮かんできました

契約を取った営業さんと缶コーヒーでお祝いした事

ドカジャンを着て鼻水たらしながら仲間と測量した事

雨上がりに現場のぬかるみで、太ももまで足がはまってしまった事

上棟の餅投げで施主様が、私の方にたくさん投げてくれた事

現場に行くと言って、仲間とスーパー銭湯でサボった事

引き渡し後に新居に招いてくれて、お寿司をご馳走になった事


あれよあれよという間に
楽しかった事が出てきました


私は、いつも我慢してて
いやいやサービス残業をしていて
女子トイレで隠れて泣いていた

そう思い込んでました

自分ばっかりが
何でも押し付けられて損を
していると思ってました


我慢して
「私は平気なの」
「仕事が楽しいの」

なんて演技しなくても
実際は、本当に楽しい事が
あったのに、自分でそれらを
消してしまっていました


仲間とサボって悪さをして
楽しんでいた私は確かに存在していました


.
[ 2013/09/18 03:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

認める

セッションで

私にはこういう傾向がある

と、軽く言われただけでも


指摘された
悪く言われた


と、責められ感でいっぱいになり
いつも落ち込んでいました

落ち込んでいるにもかかわらず


私、何とも思ってないし


と、それを隠そうとしていました


昨日
何で隠さなきゃいけないんだろうと
ふと、思いました


あと
きんたろうさんたちは
本当に私を責めているんだろうか
という気持ちもでてきました

こしたんのそういうところがダメなんだ!
なんて、ひとことも言われてないしな〜


誰も私を責めていないのに
私が私を責めているような…



しっくりとまではいかないのですが
自分の思いこみに


あれあれ~?


となっています



私は、自分で意味のない責めを
していたような気がします

自虐ごっこを楽しんでいるみたい

自分を認められないってこういう事なのかな



[ 2013/09/08 04:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。