両手を広げて

AC回復を目指し、自分らしさを取り戻していく
月別アーカイブ  [ 2015年01月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つなげる


変化していくメンバーさんたちをみて羨ましい
自分は何にも変わっていない、と自虐に入ってごまかしていましたが
その奥に自分の劣等感と優越感があったことを知り
それを素直に受け入れられずに右往左往しています

私の人生の中で、行動の原動力となっていたのが劣等感からきているんだとは思ってもいませんでした

劣等感を感じたくなくて、自分を奮い立たせがんばる
がんばった結果に優越感に浸る
セッションでよく聞くジグザグ思考を繰り返していたのだと思います

人より抜きいでていなければ不安でした
周りからしたらそんなことは大したことではなくて、私ひとりでムキになって勉強や仕事をしてきて
子育ても、ちゃんとできるお母さんのつもりになっていました
自分の滑稽さを知りました
子どもの不登校も受け入れられなかったのも当然だったんだなと思います

人間関係に依存したり権威に弱いのも、劣等感からきていたんだろうと、いろんなことが自分の中でつながります

元旦那に対しては、世話をやくことで立派な奥さんでいられる、という無意識の計算があったこと
または社交的だった元旦那といることで、自分もそうなったという錯覚で満足したり

優越感に浸れない時は子どもに不安をぶつけ

ここでもジグザグが日常の生活をしていました

今までセッションで言われてきた幾つかのことをそれぞれ別のこととして聞いてきましたが、全部繋がってるような気がしてきました

今年は、分けることもしながら、同時に繋げることも頭において、セッションを受けていこうと思います


スポンサーサイト
[ 2015/01/04 16:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。