両手を広げて

AC回復を目指し、自分らしさを取り戻していく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

変わることについて


なぜ自分が中々変わらないかを考えた時に

AC度が高いからだとか、ひどい目にあってきたからじゃないかと思っていて
今でもそれはあると思ってるけど
自分の嗜癖も関係しているような気がしてきた

直視したくなくなると、逃せるものにはまり込む
その間は、見たくないものを見なくていい
しかも恍惚感に浸れるおまけつき
気持ちいいから続けたくなる

目に見えるギャンブルやお酒より分かりにくい
自分で脳内麻薬を作ってても、誰にもバレないんだから、いくらでも浸れる

私は大切なものを壊された感覚になっていて納得ができないのだけれど
私が麻薬におぼれるのを阻止してもらったんだろうか

助けてもらったのに頭にくるくらい、麻薬に溺れた状況に自分がいるということを分かりたくない
変わることよりも、目の前の快楽に浸りたい
でも時間がない
子どもはどんどん大きくなる

変わらないことが一番きついとセッションで聞いたけど、私は変わらない方を選んでしまっている
そのくらい第2の安全な場所が好きらしい

スポンサーサイト
[ 2015/02/14 12:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

訴えと責め


訴えることは意味がないという知識はあっても、自分が訴えていることには気付けない
訴えている最中は、自分は正当なことで怒っていると思い込んでいるいる
訴えは私にとって重要なコミュニケーションで、それ以外の方法は良く分かっていない

訴えをすれば、相手に自分の気持ちを伝えられるし分かってもらえると思い込んでたから、せっせと訴えをし続けてきた
そうすることで時には思い通りになり、自分のしていることは間違っていないとなれる
思い通りにすることで相手の選択肢をなくしていたとも気付かない
相手を見ずに自分の正当性を主張できたことに満足しうっとりしている

子どもに対しても本当は責めたいし、大変さを訴えたい私がいる、だったら我慢はもれでている

この間の子どもたちのきょうだいゲンカで、2人とも相手を責めて傷付け合っていた
お互いが、自分が被害者になっていた
子どもたちにとっても訴えて相手を責めることが、コミュニケーションの手段になっている

訴えて
それが通用しなければ
責めて
自分の思い通りに物事を運ばせようとする
恐怖政治をしてきた歴史上の人物と変わらないんじゃないかと思う
あなここに入ったばかりのころに言われた

家庭を支配している

と言う言葉が、今になってそうかもしれないと思えてくる

こう思うことで自虐に入りたい自分がいる
自虐があると言うことはそれだけ相手を責めたい気持ちがあるんだと教えてもらった
攻撃的な分、自虐をしてバランスをとっているんだと思う







[ 2015/02/11 13:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。