両手を広げて

AC回復を目指し、自分らしさを取り戻していく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7/23GS覚書


【いじける】
自分がいじけることで家族が気を使うことになる
家族からしてみたら「やってられない」と開き直られてる方が気が楽

また、自分がいじければ家族もいじける
なぜ家族がいじけるか

自分が家族に対して態度でしか表現ができなかったから
言葉で言えずに、ばっさりと態度で切る
相手からしてみたら、興味がなく拒否られている感じ

生返事をすることも同じ
うんざりして話を終わらせたい事を態度であらわしている
メンバーさん、母親との会話を終わらせたい事を再現している
自分の中の抵抗を返事であらわしている

それがなくなると家族のいじけも減る
=自分が向上する事で相手も変わるという事


【うけいれてほしいこと】
子供が学校でうまくやれているかどうかの心配は、過去の自分に投影をしている
母親にきょうだい両方が受け入れられているかどうかに過敏になっている過去からきている

自分がゆれていれば、子どもはうまくやってはいけない
子どもは親の行動ばかりに目がいってしまう
まずは自分が普通に笑うこと

母親に受け入れてもらいたい気持ちから
どうせ、自分を頼ってくるという待機の思考が入ってくる

母親は変わらない
自分の都合のいい人をもとめているだけ
そこを認めるのは、すぐにできることではないが
今の自分は細い糸を思って頑張っている状態だということを認識する


【がまん】
自分がしている我慢は足元に転がっている
人をわがままだと感じるのは、自分がわがままと言われ、それを我慢してきた過去があるから
限界になるまで我慢をするのではなく、まわりに助けを求め、自分の精神状態を緩やかにしておくことが大事


【オフ会】
自分たちが、りんりんさんに八つ当たりすることについて
それが良いというわけではないが、ほかのメンバーさんも同じ
自分を吐き出さないと超えられないものがある
出している相手が違うだけで、やっていることはみな同じ

まずは、自分が言いたいことを言う練習
言われた方からしたら、ちんぷんかんぷんで不毛
理不尽は残るが、いつか区切りをつけて「笑う」

笑う事はメンタルの自立につながる
笑えなくなったとしたら、何かに執着が起きている時

オフ会が終わったら楽しかった事をなかったことにして、別のことに執着する
執着によって自分が狭まり孤立する
孤立することで不自由になり、前の自分に戻っていく
=元々いた居心地の良い場所へ帰っていく

これは薬物依存と同じ
感情開放ができたにもかからわず、捻じ曲げて複雑に戻っていく

引き戻しの歯止めのGS
GSでたくさんの人に受け入れられるのが、GSの強み
たくさんの人と笑うことができる
執着を手放すのなら、相手にも惜しみなく与えていく


☆孤立してきたら、自分が元に戻ろうとしていること
☆自分の居場所を常に考えるようにする







スポンサーサイト
[ 2015/07/27 01:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ポテサラミッション


ミッションが出てから数日後にジャガイモを頂いたので、自分で好みのポテサラを作ってみた

自分が作るポテサラはレシピが決まっているので、いつも通りのポテサラを作ったのだけど、これがいつからなのか考えたこともなく
でもポテサラは、自分で作る得意料理のひとつになので、何かルーツがあるはず⁈となって出てきたこと


北関東に住んでた時、まだ子どもが小さくて専業主婦をしていたころ、私は道向かいの奥さんと親しく、そのお宅でよくお茶をしていた
料理が好きな人で、通っていた料理教室の助手を楽しんでしていた人だった

あるとき、北海道のジャガイモをもらったからと、その場の勢いでポテサラを作ることになった

ペラペラおしゃべりをしながら、ときおりポテサラについても

ジャガイモはホクホクがいいのよね〜
タマゴを入れると、また違うのよ〜

とウンチクもありつつ、なんか知らんがケラケラ笑いながら大量に作り、出来上がったばかりの温かいポテサラを主婦仲間数人でワイワイしながら食べた
子どもたちもその周りで遊んでいて、にぎやかな時間だった

今でも人参の切り方や厚みもその時と同じように忠実に再現してるのに、すっかり忘れてたという (。•́︿•̀。)

私の得意料理は、その頃に覚えたものが多く、おいなりさんもチラシ寿司も、その奥さんと、遊びがてら教えてもらったもの

その人は料理を楽しんでて、美味しくできたり、たくさん作った時には
食べて〜と、ニコニコしながらウチにやってきた
で、そこからまたおしゃべりの時間になっていく


伯母の家での料理は楽しくもなんともなかったが、嫁ぎ先の姑とこの奥さんから、料理の楽しさを知ることができたんだなあと思う





[ 2015/07/19 21:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。