両手を広げて

AC回復を目指し、自分らしさを取り戻していく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

繰り返してきました

職場で、責任者1名とスタッフ3人体制でまわしていましたが、
ひとりは辞め、もう1人は家庭の事情で長期欠勤することになり、しばらく前から私1人と責任者とで業務をしていました。

休憩時間がなく立っておにぎりをかき込み、週末の夕方には頭がもうろうとするほどの忙しさなのに、私は辞めたいと思わず責任者に、文句を言うこともしていません。

私が自分を犠牲にして得られるメリットは大きく、辞めてしまえばそれを手に入れられなくなるので、辞めたくないんです。

お客さんに必要とされ、

◯◯さん、頼りにしてるよ、辞めないでね

という言葉で、私は満たされていきます。
言葉だけじゃなく、差し入れも貰い、それで私は自分の価値を上げていきます。
みんなが私を求め、私に注目してくれると
余計に力が湧き、更に相手の望みを叶えようと頑張っていきます。

最初は怪しげな職場だと文句を言っていたのに、自分の欲求を満たしてくれるようになったら、居心地が良くなってしまいました。

過去を振り返ると、長く続いた職場は、どこも私の欲求を満たしてくれるところでした。
必要とされ、褒められ、私じゃなきゃ困ると言われ、その言葉に快感を感じていました。
私は、いくら忙しくても困っていませんでした。

繰り返し同じことをするだろうけど、でももうやりたくない。
明日から新しい人がひとりはいってきます。
仕事を教えながら、同時に自分自身のしていることや、やりたくなってしまうことをそらさずに見ていきます。




スポンサーサイト
[ 2016/05/24 02:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

学習性無力感


久しぶりにFC2ブログを開き、メンバーさんの更新記事を読んできました。

みんなが思った事や感じた事を記事に書き、変化して前に進んでいる中
私は前に進もうとする事をせず、陶酔の中にいたんだということをあらためて知ることとなりました。


日々の中であきらめ、その位置にとどまることを学んできてしまったことを
あなここや家庭で繰り返しやり続けている自分を知り、そこから脱却していく方を見ていくようにします。






[ 2016/05/03 01:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。