FC2ブログ

両手を広げて

AC回復を目指し、自分らしさを取り戻していく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暴れん坊の自分

小学校6年生の時、隣の区域の小学校のメグちゃんと友達になり
日曜日や夏休みに、よく泊りがけで遊びました。

その子の姉が、私の兄の彼女という経緯から親しくなりました。

メグちゃんとの遊びはダイナミックで

ローラースケートで長い坂道をしゃがんだままブレーキをかけずに直滑降ですべったり
休みの日の体育館に忍び込んで、倉庫の中に秘密基地のようなものを作ったり、舞台で踊ったり
体育館の屋根を走り、教頭先生に追っかけられて逃げたりと

危険を伴う男の子並みの悪さをしていました。

背格好も同じくらいで、おそろいの服をきたりして
メグちゃんのお母さんに、双子のようだねと言われることが
まんざらでもなく、二人で自由に遊んでいました。

ハデな遊びは、ほぼメグちゃんとしかしなかったのですが
私が通う小学校で待ち合わせて、懸垂用の高い鉄棒から飛び降りたりなどをしていたので
同じ小学校の友達も私の危険な行動は見ていたはずです。

2つ前の記事で
友達の親が私と遊ぶな、と言われたことを書きましたが
その理由は、こういった私の行動からじゃないかと思い直しています^^;


メグちゃんの通う小学校と、私の通う小学校が同じ中学に入学することになっていたので
メグちゃんは私と会えことを楽しみにしていました。

お昼を一緒に食べようねとか、かえりにマクドナルドに行こうねと
声をかけてくれていて

私も楽しみだったのですが、家の状況が言えず
私の兄もそのような状況を彼女であるメグちゃんのお姉さんに話していない様子が感じられ
自分が入学できるかどうか分からないことを言えず
おばの家にいくことが決まった時も言えずにいました。


入学後、探しても私がいないので、私と同じ小学校出身の子に話を聞き住所を教えてもらったと、
おばの家に届いた手紙にかかれてありました。

兄も彼女に伝えていなかったらしく
メグちゃんのうちではどうしたんだろうと話題になったそうです。

その後も、手紙のやり取りは高校生になるまで続きましたが
だんだんと手紙を送る間隔がお互いに長くなり、付き合いがなくなってしまいました。


私は、自分が暴れん坊だったことを忘れ去っていて
小学校の時は教室の隅で1人ぼっちでいたようなつもりになっていましたが事実は違っていました。

時には一人ぼっちの時もあったとは思います。
とはいえ都合よく、記憶を書き換えている自分に恥ずかしさもあります(〃ノωノ)が、楽しい記憶でもあり。
思い出せて良かったです。





関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/05/12 16:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。